営業の資金計画に騙されない

住宅探しをしている時に、ある程度条件を詰めていくと営業の人は必ず物件の見積もりを持ってきてくれます。そして、この時に何も条件を出さないでいると、十中八九「変動金利の最低金利で35年」のローンシミュレーションを持ってくるはずです。これは面白いもので、仮に「固定35年(フラット35)で持ってきてください」と言っても「念のため、、」と変動の35年を持ってきたりします。要するに「安く買える」と思って欲しいが故にこういうことをするのでしょう。

しかし世の中に「現在の変動金利で35年間金利が固定する住宅ローン」は存在しません(あったらやりたいです)。存在しない設計図(資金計画)を持ってこられてもどうしようもないですし、そもそもローンは実行日の金利が適用されますから、たとえばタワマンだと数年後の可能性もあるわけです。その時の金利事情を予測しろとは言わないまでも「悪くなっているかもしれない」と自分なりのバッファ(余裕)を取ってシミュレーションをすることが大切だと思います。

この行為は自らの「購入可能な物件金額」を押し下げることになり、正直買い手としては「やりたく無いこと」なのですが、それでも計算しておくことをおすすめします。ギリギリの返済計画を立ててしまったが故に、引き渡しのタイミングで「無謀な返済計画」になってしまっては意味がありません。

営業がどんなにいい人でも「売ってしまえばそれまで」という事は、残念ながら事実です。あなた(私)は営業さんにとって「数あるお客さんの中の1人でしかない」事を忘れないようにしましょう。

年収の20%、年収の25%くらいを頭に入れておけば、判断はしやすいと思います。くれぐれも営業の「耳障りのいい数字」に惑わされないように注意してください。