月島・勝どきの氏神様

年始といえば「初詣」ですね。今年も初詣を済まして来ましたが「埋立地」と呼ばれるこの辺りにもちゃんと「氏神様」というのはいらっしゃいます。引っ越しをする前はその土地の氏神様にご挨拶をしよう、など風水や昔からの風習がある方もいらっしゃると思いますが、勝どき、月島を含めてこの辺りの氏神様は「住吉神社」となっています。

所在地は東京都中央区佃 1−1−14。月島駅からなら徒歩で5分程度でしょうか。佃から少し外れた月島の閑静な住宅街の中にその神社はあります。地元の方からの信仰も厚く、三が日は参拝客が多く訪れています。

住吉神社

住吉神社の初詣の様子

 

住吉神社の公式ホームページから抜粋すると以下の通り。
海運業、各問屋組合をはじめ多くの人々から海上安全、渡航安全の守護神として信仰を集めました。その後、月島、勝どき、豊海、晴海と埋め立てが行なわれ、その地域の産土神(氏神)として信仰されています。(引用ココまで)。

というわけで「勝どき」というのも由来は日露戦争の勝利から来ているわけで、再古来の名称(仮称)は月島2号地(現在の勝どき)ですから(ちなみに1号地は現在の月島)、広義で捉えれば多少遠くても勝どきも月島の一部という事になるのかなあと。氏神様はこちらにいらっしゃいますので、初詣、お引越しのご挨拶などに、ぜひ訪れてみてくださいね。