話題の「太陽のマルシェ」とは?

2013年9月から始まった毎月第2週の週末に開催される「太陽のマルシェ」。日本最大級規模の定期開催型マルシェだそうですが、昨今では地元住民の中でも大分浸透してきたようで、集まった軒を楽しむかのように人が集うイベントとして定着して来ました。

太陽のマルシェの様子

太陽のマルシェの様子

 

太陽のマルシェでは、飲食を販売するためのミニバン(ピザ、ケバブ、ハンバーガーなどが売られています)のほか、各都道府県から新鮮な野菜、果物、ワインなどが持ち込まれ販売されています。月に2日しかないイベントですが(だからこそ?)ちょっとしたお祭りのような賑わいを感じることが出来ます。

軒を連ねる露店

軒を連ねる露店

 

観光客向けとも地元民向けとも取れるイベントですが、個人的には1〜2ヶ月に1回顔を出して買い物をする感じで楽しめる気がしています。毎月その時々の「旬」の野菜をテーマに様々な企画を実施していくのが基本コンセプトとの事なので、季節の変わり目なんかが面白いかなと思っていたり。

開催場所は第一会場が「月島第二児童公園」です。
駅からもすぐ近くなので、近隣まで来た人は足を運んでも良いかもしれません。

上から見た所

上から見た所